アルコールインクアートとの出会い

私がアルコールインクアートに出会ったのは、 
コロナが世間を脅かし始めた頃でした。 

子供の世話や家事、忙しない毎日に追われ、

ゆっくり自分の時間も取れず 、それに加えて、

先の見えない新しい病気によって不安を感じる日々。 

ハンドメイド作家として活動はしていたけれど、イベントは激減…

何かハンドメイド作品にも使えるものはないかと

Instagramで探したのがキッカケでした。

アルコールインクアートと出逢った瞬間 、 

「これやってみたい!!」

このアートなら私にでも出来るかも!!

ワクワクする胸の高鳴りを覚えて

夢中になってネットで調べたり、

YouTubeを見て情報を集めていました。

初期の作品

私は小さな頃から絵が好きでした。

褒められたりするほど、特別な才能があったわけではなかったけど、油絵にも興味がありました。

両親に誕生日やクリスマスプレゼントとして油絵のセットをねだったこともありましたが、

買ってもらえなかった事…

やりたい時にやらせてもらえなかった事が、

今でもすごくコンプレックスとして残っています。

そんな思いを抱えたまま大人になり、

絵を描くことから遠ざかっていた私に
光が差し込んだ感覚がしました。

アルコールインクアートは抽象画なので

正解がありません。

鮮やかな色の世界…

二度と同じアートが描けない儚さ…
/

私の心を癒し、自尊心を高めてくれる

最高のアートに出会った瞬間でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

1 × 4 =

目次